画像解析

画像解析とは

ここのサイトで言う画像解析とは、画像を分類し整理することを指します。
俗に言うクラスタリングの一種だと思っていただければ結構です。

近年の画像解析技術の発展は目覚ましく、大手検索サイトを中心にその精度は飛躍的に向上しています。

しかし、個人の技術者レベルで言えば、その技術革新の恩恵はまだまだ享受できない環境にあります。
この理由の一説として、画像解析技術のブラックボックス化が最大の要因として挙げられています。

画像解析技術は、企業の経営活動上、重要なミッションに位置づけられているため、その手法はなかなか公開されていないのが現状です。

このサイトを立ち上げたのは、その現状を打破し、個人レベルの技術者にも画像解析の手法を使いこなせるようにするためです。

画像解析の歴史

画像解析の歴史はインターネットが登場する以前からありました。
しかし、その技術が飛躍的に進歩したのはインターネット登場後のことです。

特にアダルトサイトの画像解析技術の向上は凄まじく、不本意ながらもエロの力が技術改善に一躍かっていました。
エロ画像データベース

インターネットの爆発的普及にエロの力が大きな要因になったのは、誰もが知っていることだとは思います。
このように画像解析もアダルトな力が大きく作用し、技術発展を遂げてきました。

検索エンジンの普及

検索エンジンの普及に伴い、画像検索技術も飛躍的に向上しました。
その中でgoogleの類似画像検索の公開は、世界中の画像解析技術者を震撼させました。

恐ろしい速さで、恐ろしいほどの精度で類似画像を検索するそのポテンシャルは、これまでの画像解析の歴史を一変させる出来事でした。
しかもその手法は、強固にブラックボックス化されており、個人レベルの画像解析技術者との技術格差は、果てしなく広がった瞬間でもあります。

フリーウェアの普及

画像解析が検索エンジンの独壇場になっていた頃、一つのフリーウェアが産声を上げました。
Open-CVです。

初期段階から高い精度の画像解析を可能とし、さらにはオープンソースということも相まって、世界中の個人技術者がこのフリーウェアに飛びつきました。
そして瞬く間に、派生ソフトの開発、プラグインの開発など飛躍的な発展を遂げました。
現在Open-CVは、個人レベルの画像解析技術者の中でデファクトスタンダードの存在にまで成長しています。

OpenCVは、コンピュータビジョンの研究者向けのフリーウェアでありますが、一般企業の開発の中でも有用な機能がいくつもあります。
本来ならば複雑な解析技術や数学的な能力が必要になりますが、そのほとんどが関数一つで済んでしまうほどの簡易性を持ち合わせています。
例えば、画像やストリームの読み込み、ぼかし、エッジ処理、シグネチャ解析など、多くの機能がとても簡単に実装することができます。

今後の画像解析の歴史を塗り替えていくであろうOpen-CVに期待を寄せずにはいられません。

by 画像解析専門分析官